工場

設計に忠実な綺麗な形の製品を作るのに欠かせない離型剤

作業服の男性

日常生活の中では、至るところにゴムやプラスチックの製品があふれています。こうした製品を安心して当たり前のように使えるのは、製品クオリティへの信頼があるためです。製品の均一な形状も製品クオリティの一環ですが、これを支えているのが離型剤です。
ゴムもプラスチックも、設計通りに正確に作られた金型に流しこめば、設計通りの形になります。しかし、金型から外さないことには、製品として用を成しません。ところが、この分離のプロセスで材料が金型に粘着することで、折角設計通りに作った形が崩れてしまう可能性があります。
そこで、離型剤を金型に塗布して、このようなことが起こらないように手を打ちます。特に、主成分がフッ素コーティング剤であるフッ素系離型剤は、金型への粘着を防ぐ力が強く、現場で高い人気を誇っています。フッ素系離型剤は、成型過程のもう一つの悩みの種でもある口金付近のメヤニ生成を抑制出来る点でも評判が高いです。
成形のプロセスでは、金型から成形物を無事に取りだせただけでは安心できず、口金にメヤニが出来れば、それも除去しなければなりません。口金のメヤニ除去は手間がかかる上に、さらに成形物の形状をゆがめてしまう恐れがあるため、出来れば避けたい代物です。フッ素系離型剤を使えばメヤニにも悩まされずに済み、極めて効率よく製品を綺麗に形造ることが出来るでしょう。

安心して離型剤を購入できるフッ素コート剤専門メーカー

離型剤を業務で使用するのが初めてなら、離型効果が確実で現場で使いやすいフッ素系離型剤を選択するのがおすすめです。フッ素系離型剤の主成分はフッ素コーティング剤ですので、フッ素系離型剤購入の際には、まずはフッ素コート剤専門メーカーに相談して、離型剤に関して知りたいことについて助言を得るよう努めましょう。フッ素系離型剤の製品にも様々なものがあるため、メーカーに直接相談して購入することで、自社製品に最適なものを間違いなく選べる安心感があります。
フッ素系離型剤が現場で使いやすいと人気なのには、いくつか明確な理由があります。例えば、口金のメヤニの生成を抑制できることも、その理由の一つです。メヤニが口金の縁に出来てしまった場合は、製品を綺麗な形状に整えるため除去する必要があります。扱っている製品の数が多い場合、口金のメヤニ除去に要する時間や手間は相当なものになります。フッ素系離型剤を使うとメヤニ対応は不要になるため、作業効率アップにつながります。
他にも、作業現場に常備しておき、適宜現場で簡単に塗布できる製品があることも、フッ素系離型剤が現場で支持される大きな理由の一つです。こうした点を踏まえ、自社製品に実際に適用するとすればどんな離型剤製品をどの程度の量購入するといいか、フッ素コート剤専門メーカーに確認してみるといいでしょう。

局所排気装置や防爆設備が不要なフッ素コーティング離型剤!

製造工程において、押出成形の際に口金に生じるメヤニを抑制したいと考えているものの、局所排気装置や防爆設備といった設備投資が気になっている方はいませんか?スプレー缶入りのフッ素コーティング離型剤は、手軽に使用できるものの、可燃性ガスや有機溶剤を含むため使用するには設備が必要です。そこで、既存の設備のまま使用できるフッ素コーティング離型剤なら水溶性のものを選びましょう。
水溶性の離型剤なら製造工程でも手軽に使用することができ、これまで専用の加工室や設備内で行っていたフッ素コーティングをその場で行うことができ、口金のメヤニを早期に抑制できます。水溶性なら引火の心配がないだけでなく、有機溶剤も使用しないことから専用設備も不要です。市販のハンドスプレーやエアガンに入れて塗布することができ、口金にメヤニが出始める前に対処が行えます。また、必要な量を希釈するだけと、無駄にすることもありません。
さらに局所排気装置や防爆設備がない空きスペースを利用して準備したり、乾燥させることもできます。そのほかにも、可燃性ガスや有機溶剤という場合、危険物として管理されており、管理者がいなければ新しいものを払い出せないといった管理上の問題が心配になるものの、水溶性なら危険物管理の必要もなくなり、必要な分を必要な時に使用できるようになり、製造工程におけるロス改善が期待できます。

イチオシ記事

  • 金属部品

    製造工程における滑り性の向上にフッ素コーティング系離型剤を!

    溶融樹脂を成型する製造工程において、離型剤はメヤニの抑制だけに有効と考えていませんか?ダイスや押出口などの金属表面、さらにはスクリューやシリンダに塗布することで樹脂材料の分散…

  • ドリル

    離型剤は製造工程でも塗布しやすいフッ素コーティング系を選ぼう!

    金型による樹脂材料のプレス加工や押出機による連続加工には、樹脂が停滞したり、炭化物が付着したりするのを防ぐため離型剤が必要不可欠です。特に樹脂材料に含まれる成分の析出により発…

  • 加工用の機械

    ピンホール検査設備が設置されたラインでも使用できる離型剤!

    樹脂材料をダイスいわゆる金型で成型する製造にラインにおいて、離型剤は樹脂材料に含まれる成分析出によるメヤニ抑制に有効です。しかし、樹脂成型を行う工程は高温なだけでなく、火器を…

  • 工場で作業を行う男性

    フッ素系離型剤は医療用チューブやパッキンにも利用されている

    フッ素コーティング系離型剤は、水溶性で手軽に塗布できるため、樹脂製チューブやパッキンの製造工程において手軽にメヤニ抑制ができるとして利用されています。また、フッ素コーティング…